株式投資-分からないことばかり-先人の残した 格言「休むも相場」実践中

ipo

世界の株式市場が乱高下しています。

オリンピック延期決定・都知事の緊急の記者会見で日本市場はガタ落ちだろうと思いきや、今週は16,000円台から20,000円を目指すとこまできちゃった。

マイナスな要素だと思ったんだけど関係なかったみたい。

3月26日、IPO「サイバーセキュリティクラウド(4493)」・「アディッシュ(7093)」の上場日。
日経平均800円を超える下げの日でしたが、2社とも初値は公募価格を大きく上回りました。

企業名/(コード)市場業種主幹事
サイバーセキュリティクラウド(4493)マザーズ情報・通信業SBI証券
公開株数公開価格初値損益  
70,000 株4,500円9,210円(+104.7%)
+471,000円
企業名/(コード)市場業種主幹事
アディッシュ(7093)マザーズサービス業SBI証券
公開株数公開価格初値損益  
335,000 株1,230円2,101円(+70.8%)
+87,100円

週明けからの株価上昇もあったのもあるかとは思いますが、S級・A級にとっては暴落時あまり関係なかったみたい。この暴落が無ければ初値はまだ大きかったことだろうと想像されます。

先日 、マイナス要素のニュースがでたと不安感から、Macbee Planet[マクビープラネット](7095)補欠当選 を辞退をしました。
購入申込したとしても当選の確率は低かったろうと思うけれども、どうせなら購入申込しとけばよかったかなと悔やんでいます。もう本当にブレブレです。

そもそも「辞退するくらいなら、応募するなよ」って話です。
リスクを取っていかないと大きく利益を得くことは出来ない。仮に公募割れしても数万円。大きく上昇からの利益を儲けそこないます。

株式投資を長期投資目標ではじめたものの、浮気心からIPOで一儲けしてやろうと始めたものの、損するのが怖くて尻込みしちゃいました。

今後の相場は読めません。長年投資をしてきた玄人でも分かんないと思う。
毎日のニュースから先を読むことなんてできない。専門家でも予想は外れるし。

ではどうすればいいのか。

投資を始めた当初の方針、コツコツ積み立てていくしかない。
つみたてNISA・米国株定期購入を中心にする。

今回の暴落が深いとすると、今が1番底の状態だとして、2番底がくるはずです。そこでうまく立ち回れるように暫くは様子を見ようと思います。っていうか、ずっと様子見してる。

ワクチンが早期に開発され たらば、2番底なく 一気に上昇相場、バブルへゴーも無くはないか?

どうだろうねー、素人の考えることですから。

株式投資を始め暫くして、相場格言 「売るべし 買うべし 休むべし」 「休むも相場」 なるものをしりました。
分からないときは休むのがいいと。
米国では 「疑わしいときは何もするな」 との格言がある。
休むことも大切だと先人達が教えてくれています。

休むも相場(やすむもそうば)

株式相場の世界では、先人が、その経験を基にして、さまざまな格言を残している。休むも相場は、そのうちの一つである。
「年中、株式売買を繰り返していると、客観的に全体の相場が見えなくなりがちで、大きな落とし穴にはまることがあるので、冷静に相場を見つめるように」と戒めたのが、この言葉である。

野村證券より

私はというと「売らない・買わない・休むばかり」
ずーっと様子を見るだけで何もしてない。(少しだけ買ったものは超塩漬け株状態)

そもそも分からない・疑わしいのを解消するには、相当勉強しないと無理そう。
素人の私にできるのはコツコツ買い進めていくのみです。
それが一番。

ipo 資産
スポンサーリンク
アウルをフォローする
ものぐさフクロウの資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました