iPhone iOS14.2アップデート・自宅wi-fi繋がらない。なんとか解決。

雑記

コンピューターに強くないので、まあまあの時間をかけて解決できました。
ググってもよく分からなんだ。この程度は常識の範囲内のことなのかね。

繋がらない

子供から「自宅wi-fiが繋がらなくなった」との報告。
wai-fi接続しようとしても「接続できません」となる。

確認すると私のiPhone8も4Gのままです。自宅内ならwi-fiに自動で繋がるはずですが、おかしい。

妻のアンドロイドはというと問題なくwi-fiつながっている。
となるとiPhineが原因とみる。

我が家はiPhone3台ありますが、私と下の子の端末が繋がらない状態。
上の子の端末はwi-fiつながってます。

なので端末を調べてみるとiOSのバージョンが違った。
私と下の子はIOS14でした。上の子は旧バージョン。

復旧までの流れ

原因

●iOSバージョン14になったことでwi-fiの設定が変わった。
●iPhone側の「プライベートアドレス」「wi-fiアドレス」というものが追加されていた。

●通常なら問題なく使えていたであろうがルーターのステルス機能 MACアドレスフィルタリング機能を使っていた為、新しいアドレスが拒否状態となっていた。
(無線LANルータに新しいwi-fiアドレスを登録することで繋がるようになる。)

訂正
ステルス機能と書いてましたが、私の勘違い。私が伝えたかったのはMACアドレスフィルタリング機能でした。
ステルス機能は使ってませんでした。スミマセン。

iPhoneの設定

結局はiPhone側はそのままで、ルーター側に新しいアドレスを登録することで解決できた。

今は4Gのままですね。これをwi-fi表示にしたいです。


■「設定」を選択

■「wi-fi」を選択

■「マイネットワーク」に今までつかっていたネットワーク名があります。
そこの「ⓘ」を選びます

■「プライベートアドレス」はオンのままで、「wi-fiアドレス」のアドレスを控えておきます。
これが追加されたアドレスの様です。

[〇〇:〇〇:〇〇:〇〇:〇〇:〇〇]
数字とアルファベットのやつ。

(参考までに)上記の「プライベートアドレス」をオフにすると、今までのアドレスが表示されwi-fiにつながります。
しかし「警告」が表示されます。
ですから「プライベートアドレス」を使いました。

ルーター側設定

★iPhoneの新しいwi-fiアドレスを無線ランルーターに追加すると接続できた。
★もしくはステルス機能 MACアドレスフィルタリングを解除する。

■NECのルータ設定画面です。

ステルス機能 MACアドレスフィルタリング機能を使っていると、登録していないアドレスは接続を拒否するので、「接続失敗」となります。
接続失敗になっている中に、iPhoneの「プライベートアドレス」のアドレスが見て取れます。

これを「設定する」から登録できました。

おわりに

OSのアップデート、特に何も考えずタップしたような気がする。
自宅のネット閲覧は主にPCを使うのでiPhoneが4Gのままだなんて気が付かなかったな。

子供が言ってくれなかったら暫く気づかずにいたと思う。
使用頻度が多いとギガが無くなるなんてこともありうる。

セキュリティの面でステルス・MACアドレスフィルタリングにするのも考え物か。
コンピューターとか本当によく分かっていないので、トラブルがあるとパニックになる。
今回はわりと早くに解決できたほうで、大体夜中まで掛かってしまうものです。

同じ状況になっている方の参考になれば幸いです。


雑記
スポンサーリンク
アウルをフォローする
ものぐさフクロウの資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました