[Windows10]明るさ自動調整・ディスプレイ輝度が勝手に変わる。「解決方法・止める方法・無効にする」

修理

たぶんWindows10にアップグレードした後からだと思います。

画面が暗く感じていました。明るさ調節してもすぐに暗くなる。

数パターン試してやっと解決。

イライラから解放されました。

結論は、ネットで検索した方法はダメで、初期から入っているソニーのソフトウエア・アプリ「VAIO Control Center」からの設定変更で解決しました。

私の試した方法を以下に記します。

「Fn」キー

「Fn」キーを押しながら「F6」キーを押す。
「☼」太陽のようなマークです。
(パソコンによってキーの位置は変わるかもしれません)


これを押すごとに明るくなっていきます。
が、
速攻で暗くなるんです。超絶イライラ。

「スライダー」

次に試したのが、これ。

・Windowsの「設定」「システム」「ディスプレイ」とクリック。
・「明るさと色」のところで、
・「内蔵ディスプレイの明るさを変更する」で「スライダー」を動かすと一時的には明るくなります。
しかしスグ画面が暗くなってしまう。

通常ならこれで解決できそうなものですが、素人の考えでは簡単にいきません。

設定を開き
ディスプレイを開く/「スライダー」で調整

「自動輝度調整を有効にする」

困ったので検索すると電源の設定で「自動輝度調整を有効にする」があるそうなので探してみる。

・Windowsの検索フォームに「電源」と入力して「電源プランの選択」を開く
・「プラン設定の変更」をクリック
・「詳細な電源設定の変更」
・「ディスプレイ」の「+」をクリック
・「自動輝度調節を有効にする」があれば「OFF」にすればいい。
しかし、私のPCには表示されない。

大概そうです。解決方法が分かってもその通りにいかない。

電源と入力
電源プランの選択をクリック
プラン設定の変更をクリック
詳細な電源設定の変更をクリック
「自動輝度調節を有効にする」があればoffにする

あるはずのものがない。

残念です次の方法を探します。

「VAIO Control Center」

所有のノートパソコンはメーカーパソコン。

メーカー:SONY VAIO
モデル名:VPCCA
2012年発売モデルのCシリーズ

このモデルの14型を所有してます。

2012年製ですからかなり古いです。
昨年、Windows7からWindows10に無料アップグレードして、壊れるまで使っていこうと決めました。

メーカーパソコンはどのメーカーも最初からアプリ・プログラムが入っていると思います。ほとんど開いた覚えがないですが、今回開いてみました。


・プログラムから「VAIO Control Center」を開く
・「ディスプレイ」・「自動輝度設定」
・「輝度を自動的に調整する」の「▢」からチェックを外す。

これでうまくいきました。
設定後、暗くなることが無くなりました。

何とも簡単に直ってしもうた。

終わりに

デスクトップであれば、モニター側のボタンで調節が出来るので、ひょっとするとノートパソコンだけの症状なのかもしれません。デスクトップを所有していないので未確認です。

Windows10にアップグレード直後は気にならなかったので、その後の「Windows・update」があったのなら、その時から症状が現れたのではないかと思います。

色々試したけれど結局はメーカーPCに入っているプログラムから設定変更で解決できました。数か月イライラしながら使っていたのが恥ずかしいです。

困ったことが有ってもGoogleで検索すれば大概解決できていたので盲点でした。
メーカーのプログラムソフトで解決できるとは。

パソコンを使ったことのない初心者のためのサポート的なものだと決めつけていた。
自分も十分素人だと改めて思い知らされたトラブルでした。

まあ解決できたので、よし。

修理 雑記
スポンサーリンク
アウルをフォローする
ものぐさフクロウの資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました