グレーチング 跳ね上がり・騒音対策-連結をする

修理

車庫入れの度に嫌な音が。

グレーティングの遊びが大きく、通過時に「ガシャン」と騒音が発生。

夜間は音が響くので近所迷惑。

またズレが酷く、すき間が次第に広がるのを防止するためにも良い商品がないかと。

対策を考えてました。

対策品

ネットショップではクリップタイプのもの、そのほか特殊なものもありましたが、

”ボルト、ナット”のセットが安価で良さそう。

ですがネットで購入は、送料が発生するので他の商品とまとめ買いで送料無料がないと高くつきます。

単にボルトナットのセットで良さそうなので、今回は素直にホームセンターで購入します。

サイズ、測定

自宅に設置されているグレーチングには穴があるタイプです。

この穴あきタイプでなければ”ボルト、ナット”連結ができません。

(穴のないグレーティングは他の連結商品で取り付けとなる。)

グレーチングの穴径と厚みを測定。

測定するには物差しでざっくりと測るか、100均で売っているホビーノギスで測定すればより正確でしょう。手元にボルトの現物があれば測定しなくていいけど。

測定の結果は、穴の径が約10㎜、厚みが連結したところが約10㎜です。

写真のノギスは勤め先で借りてきたものです。
(ちょっと使用するだけには高価すぎます)

連結パーツ

”ボルト、ナット”セットは、[M8×25㎜]を選択。
座金が付属してるものを購入しましょう。無いとしっかり締め付け出来ません。

写真のものをコーナンで購入しました。

お値段は1セット200円弱。

ネットショップで販売されてるものと同じサイズなので間違いなさそうです。

仕上がり

ピッタリです。

ボルトで締め付けるだけなので、外れる心配はなさそうです。

連結することでグレーチングの遊びがなくなり、車で踏んだ時の”カタン”という音がなくなりました。

安価でズレ対策ができました。
5セット約1,000円で収まります。

耐久性は分かりませんが、当分持つでしょう。

ネジの緩みには気を付けてみていこうと思います

グレーティングのガタツキ、騒音でお悩みの方は参考にしてみてください。

修理
スポンサーリンク
アウルをフォローする
ものぐさフクロウの資産運用

コメント