自動車税「PayPay」支払いしてみた。自動車税・軽自動車税

支出

PayPayは公共料金が払える。

トップページにある「請求書払い」です。

支払いは「PayPay残高」からだけの対応なので、事前に必要な金額をチャージしておく必要がある。

paypayで支払うとポイントが貰える。PayPayボーナスが0.5%~1.5%付与。
請求書払いは0.5%。「PayPay決済特典内容」のページで確認。こちら
コンビニ払いでは何ももらえないのでチョットだけオトクです。

今回は自動車税・軽自動車税の納付用紙が届いたのでPayPayで支払ってみました。

[注意]「PayPay」での支払いは「領収書」が発行されません。
納付後概ね2週間以内に車検を受ける方、領収書が必要な方は金融機関や、コンビニなどで納付してください。

納付先

まず自動車税・軽自動車税の納付先が異なります。
自治体により「PayPay」に対応していない場合があるようです。

・自動車税は都道府県
・軽自動車税は市町村

結論から書くと、私の居住している県では「PayPay」対応してたが、市では未対応。
・自動車税は支払うことが出来ました。
・軽自動車税は支払いが出来ませんでした。コンビニ払いします。

PayPay請求書払いの利用可能なサービス・自治体のリストはこちら

手順

チャージ

■まず、残高が支払い分残っていないのでチャージします。
アプリのトップページから「チャージ」をタップ。

■チャージ方法は「ジャパンネット銀行」を登録していたので、今回はこのままで。
「ヤフーカード」は所有していないから選択できないけども、持っていたら登録して選択できる。

自動車税と軽自動車税合わせて30,000円では足りないので「・・・」をタップ。

■今回50,000円チャージする。

■金額とチャージ方法を確認します。
間違いなければ、下に出ている「50,000円チャージする」をタップ。

■チャージ完了しました。

支払い・自動車税

■ここから、届いた「納税通知書」のバーコードを読み込ませます。
トップ画面の「スキャン」をタップ。

もしくは「請求書払い」から入って「請求書を読み取る」でもいい。

■アプリ導入時に、カメラを許可していなかったので「許可する」をタップ。

■カメラをバーコードに合わせていくと、無事に読みこくことが出来ます。
支払金額も間違いがないので「支払う」をタップ。

■支払い完了です。
ポイントが0.5%、172円相当いただけるようです。
PayPayの利用回数や、金額によりポイント倍率が変わります。
PayPay決済の特典内容ページはこちら

支払い・軽自動車税

■軽自動車税もスキャンしてみました。
ダメでした。
下のような画面がでます。
コンビニ払いします。

スグに調べました。軽自動車税、納付先の市では対応してなかったです。

おわりに

「PayPay」は自宅にて支払いが完了できるでラクチンでした。
しかし今回軽自動車税が支払えなかったのは残念。事前に確認していなかったので余分にPayPayにチャージしてしまった。

県が対応しているのは納税通知書に同封のチラシで確認できたので、市も対応してると思ってしまいました。そのうち対応するでしょうね。

注意点として領収書が発行されないので納付後2週間以内で車検を受ける方は気を付けた方がよいです。コンビニなどで支払いましょう。

今回は自動車税を支払いました。ほかにも公共料金の支払いが出来るようなので、こんごは積極的に利用していきます。ホントに便利になりましたね。

支出 雑記
スポンサーリンク
アウルをフォローする
ものぐさフクロウの資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました