自動車保険の「弁護士費用特約」は必要なのか?必要です。

保険

自動車保険をダイレクト型にしてからは、自分で色々調べて各社比較してます。

オプションの補償

同じ補償・特約で比較検討していると、オプションで付けるもの、自動付帯のものとあります。

特約が自動付帯があれば凄くオトク感があり惹かれてしまうものです。

検討するおもな特約として
・ロードサービス
・弁護士費用特約
・個人賠償責任特約
・対物超過費用
などがあります。

気になる補償の自動付帯状況

イーデザイン損保おとなの自動車保険ソニー損保SBI損保
ロードサービス自動付帯オプション自動付帯自動付帯
弁護士費用特約自動付帯オプションオプションオプション
個人賠償責任保険オプション
(最大1億円)
オプション
(無制限)
オプション
(最大3億円)
オプション
(最大1億円)
対物超過費用オプションオプション自動付帯オプション
かけつけサービスセコム ALSOK セコムなし

[ロードサービス] 事故や、故障で自力走行が出来なくなったときにレッカー移動などの緊急の対応をしてもらえます。

[弁護士費用特約] もらい事故などで相手方へ損害賠償を請求する場合に必要な弁護士費用などを補償します。 イーデザイン損保が自動付帯しています。

[個人賠償責任保険] 日本国内で発生した自動車事故以外の日常生活の事故によって、他人にけがをさせたり、他人のモノに損害を与えたりして、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。

[対物超過費用]  時価額の低い車にぶつかってしまった場合に 必要。ソニー損保が基本の補償になってます。 被害者救済の面で必要かと。

[かけつけサービス]  もしもの事故の際、事故現場でも事故後の対応も迅速・丁寧にサポート。  おとなの自動車保険やソニー損保のCMは印象的です。

自動付帯はお得かと思いますが、補償の重複・不必要な場合は無駄となる。

補償の重複

補償の重複は保険料の無駄になります。
家族で複数の車両を所有している場合、補償の重複になっている場合があります。
家族で加入している保険の確認が必要。

上記の表の中では、ロードサービス、弁護士費用、個人賠償責任保険は重複に注意です。
・ロードサービスはJAF会員の方は必要ないです。自動車保険の特約では契約車両のみが対象となり重複とはなりません。
・弁護士費用も所有している他の自動車保険で契約していれば必要ありません。
・個人賠償も同じく1つ契約するだけでいい。

この3つは契約車両ではなく契約者とその家族が対象となる為です。(一応、契約している保険会社で確認はしてください)

また自動車保険だけではなく、火災保険、国民・県民共済、損害保険などで契約しているかもチェックしときましょう。 クレジットカードにも特約として付けれる場合があります。

その他重複でよくある補償内容は
・自転車保険
・ファミリーバイク特約
・人身傷害保険
があります。
人身傷害保険は、「契約車両に搭乗中のみ補償するタイプ」と「他人の車に搭乗中や歩行中の自動車事故も補償するタイプ」の2種類があるので気づかないことがありそうです。

弁護士費用特約について考える

自動車保険に限らず保険には様々な特約があり、興味があり少しずつ調べてます。

ダイレクト型保険で契約を考えだしてからは、勧められたまま契約することが無くなり、自分である程度納得してから契約するようになりました。

個人賠償保険について調べて契約したときの記事があります。興味がある方は読んでみてください。

今回は弁護士費用特約について調べてみました。

弁護士費用特約-内容

弁護士費用特約とは
自動車に関わる被害事故(もらい事故)等により、相手方に損害賠償請求するため弁護士に相談したり、委任した場合の費用をお支払いする特約です。
記名被保険者とその家族以外も、ご契約のお車に搭乗中の方であれば補償の対象になります。
弁護士特約のみを使っても、ノンフリート等級は下がりません。

(おとなの自動車保険より)

支払いの対象とならないケースがあるので契約の保険会社のホームページ・約款で要確認です。

■加入者の64.5%の方が弁護士保険を選んでいる。(おとなの自動車保険より)
各家庭で複数台所有していることを考えると多くの加入者が選んでいるようですね。

数年前まで代理店で契約していた時は、勝手につけられていた。
説明された覚えがない。まあ任せっきりだったから何も言えません。

弁護士費用特約でお支払いできる費用は
[弁護士費用等]
・弁護士・司法書士報酬
・訴訟費用、仲裁・和解・調停に要した費用
・その他権利の保全、行使に必要な手続きをするために要した費用

保険金:1事故につき、被保険者1名あたり300万円限度

[法律相談・書類作成費用]
・弁護士・司法書士への法律相談の費用
・司法書士・行政書士への書類作成の費用

1事故につき、被保険者1名あたり10万円限度

(おとなの自動車保険より)

[保険料]
年額:2,000円~3,000円くらい
イーデザイン損保が自動付帯でもれなく付いてきます。

[補償]
通常300万円を上限として補償される。

弁護士費用特約を使う状況とは

ご自身に責任がない「もらい事故」の場合、お客さまには賠償義務が生じないため、弁護士法72条により保険会社はお客さまに代わって示談交渉ができません。
この場合は相手方との交渉をご自身で対応するか、弁護士に依頼することになります。
一般の方には示談交渉は簡単ではありませんが、弁護士費用特約をセットしていれば相手方との交渉を安心して弁護士に依頼することができます。

(おとなの自動車保険より)

上記のように、「もらい事故」の時は自分の契約している保険会社は動いてくれません。

・もらい事故は、相手方のいる自動車事故のうち約3件に1件の割合で発生している。(イーデザイン損保より)
結構多いのかな。

相手方に賠償請求したいけど自分に過失がないと契約の保険会社は交渉してくれない。
自分で加害者と、その保険会社と交渉しないといけません。

自分が加害者になった場合を考えて保険に加入していますが、被害者になった時のことは考えていない。相手方の保険会社が何とかしてくれるだろうと安易に考えていた。
色々調べていくと、 被害者の自分が損することが多くあるようです(適正な賠償金が貰えないなど)。相手方の保険会社も少しでもお金を支払いたくないですよね。

プロである保険会社の人間と、一般人が同じ土俵で戦えるわけありません。うまく言いくるめられておしまいです。

私のもらい事故経験

数年前にもらい事故(赤信号の信号待ちで追突され私の過失は0%)の経験があります。
けがはなく、車の修理費用のみの請求。

その時は、行きつけの車屋さんが間に入って交渉してくれましたが、ちょっと不満なところあり。

相手の保険会社が提示してきた額は少なく、車屋が言うには「車を廃車にして買い替えればもっと多く取れるから(修理代+レンタカー代との比較で交渉してやる)」と買い替えを勧められ、それならばと買い替えることで進めてもらいました。

車屋の交渉で最終的には幾分多くいただくことが出来ました。
車屋が間に入るだけで多少でも貰える金額が増えるという。
自分が相手にされていないのがよく分かりました。

最初は得したような気がしましたが、修理すれば、まだ乗れるのに、自分は何も悪くないのに、
買い替えることで思わぬ出費に困りました。
その後冷静に考えると、修理代だけもらえれはよかったと後悔。

「いずれは買い替えるのだから、その時の下取りを考えるといい機会だよ」と。車屋にうまくやられた感じが今でもして嫌な気分です。

また元々腰痛持ちだったのもあり、少し腰の痛みがあり、鍼・あんま等に行ったことを保険会社に伝えると、
「それは賠償の対象外です。病院ではないので」とバッサリ。これには車屋は「そりゃーダメだよ」っておわり。

個人的な愚痴です。

交通事故に精通している法律事務所

事故にあってしまったら

私の場合は自動車の修理だけだったので、最悪どうにでもなります。

困るのがケガ・入院・重症化、死亡など命に係わる時です。適正な補償額なんて分かりません。
相手方の保険会社が提示してきたものをそのまま受け入れるのか?
不安ですよね。

でも今は便利な世の中です。ネットでいくらでも調べる方法があります。

1つ紹介します。
交通事故慰謝料の自動シミュレーションが簡単にできるサイト。

「交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所」こちら

このサイトでは 事故にあい、掛かった費用を 入力するだけで適正な慰謝料を計算することが出来る。
軽傷、重症、入通院、休業など細かく入力するところがあり、分かりやすく作られています。

気になる方は試してみるといいと思います。今現在関係なくても、いつ被害者になって困ることになるかもしれません。

また交通事故に関するさまざまな事例や、慰謝料増額の交渉などの記事が豊富。

このようなサイトがあることを覚えておいてください。

弁護士のイメージ

弁護士といえばあまり関わりたくないイメージがあります。
身近に弁護士の方がいる人なんて稀でしょうし、お世話になったことがある人もそういないでしょう。 お世話になんかなりたくないとさえ思います。

このサイトは弁護士紹介として顔写真まで掲載されているので信頼できるのではと勝手に思ってしまいました。

ここでは、シミュレーション、相談も無料。
実際に依頼したときに、弁護士費用が多くかかる場合には事前に伝えてくれる。こちらが損することはないと書かれています。

また自動車保険の弁護士費用特約がある場合、無い場合の料金表も提示してくれているので安心して相談できます。

他にも自動車事故に関する情報が満載なので読んでおいて損はないと思います。読むだけはお金かからないし。とりあえず知っておいてください。いつお世話になるかもしれないのですから。

私はブックマークしています。

分からないことが有れば、気軽に問い合わせできる。そういったサイトを一つくらいキープしておけば心強いのでは。
もし事故にあってしまったら、一度は問い合わせしてみることを勧めます。安心の無料相談。
電話や、メールの対応での印象も重要です。色々質問して納得してお任せしましょう。

気に入らなければ、他を当たればいいのですから。ガンガン利用しましょう。

弁護士に任せる理由

プロの保険会社との交渉には弁護士に交渉してもらいましょう。

車屋や、保険の代理店に任せてはだめだと思います。

車屋も商売しているので、利益の為に動きます。被害者の為だけでなくお金儲けの為に動くのです。
もちろん被害者である私達の為を思ってしてくれているのかもしれませんが、所詮商売人です。

弁護士も報酬を得るために動いていますが、被害者と、弁護士の利害は一致する。
何故か、それは弁護士が動いてくれることで最大限の慰謝料を被害者が受け取ることが出来る。
その獲得した慰謝料の中から一定の報酬を弁護士が得ることが出来るから。

被害者がおおく慰謝料を貰えれば、弁護士も多くの報酬を得ることができる。
だから弁護士も全力で戦ってくれるのです。
もちろんお金の為だけではないハズ。
そう彼ら弁護士は正義の心を持つ人たちだから。(褒めすぎか)

保険会社は慰謝料を多く払うと、自分の会社が損をするので少しでも慰謝料の額を少なくするのは当然のことでしょう。彼らも儲ける為にしてるのです。会社に利益をもたらすためにしているのです。一般人が大きな保険会社に個人では立ち向かえません。

車屋、保険の代理店が代わりに交渉してくれることもあるでしょうが、どこまで全力で動いてくれるのかはギモンがあります。
保険会社とズブズブのところもあるんじゃないかと。

昔お世話になった車屋のおっさんは、
「昨日、保険屋と飲みでさー、今日は二日酔いだよー」
なんてことを聞いたことだってあるんです。
高い保険料はこういうところに使われているんですね。

弁護士というと遠い存在で、お世話になると莫大な金額を払わないといけないイメージがあります。

ですが、
実際は相談料無料で出来、内容によって相談者が損をするようなら正直に教えてくれる。
そのような弁護士事務所があるんです。

被害者である自分と、多くの報酬を得るために全力で動いてくれる弁護士。
いつお世話になるかもしれません。普段からそのようなサイトを知っておきましょう。

交通事故慰謝料計算ツール【2020 】|慰謝料計算3つの基準と計算方法 – 交通事故に精通している弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所
被害者が合理的に増額交渉できる裁判基準(弁護士基準とも言われます)の金額をカンタンに概算できるツールを用意しました!ぜひ下のボタンをクリックして使ってみてください。

終わりに

個人的には昨年から自動車保険をダイレクト型に変えました。
車屋に任せると自分が損するような気がしていたのも有ります。
高い保険料を払っているのにぞんざいな対応で済ませられるのにはうんざりです。

ある程度は自分で動かないといけないと思いネットで調べていくと、やはり素人の自分だけでは太刀打ちできないのが分かってきた。
弁護士に相談するようなことは起きてほしくないが、自分が注意していてもどうにもならない。

弁護士の方が身近な存在にはならんでしょうが、気軽に相談できる存在であるように思いたい。

相談するにしても、せめて知識だけでも増やしておきたい。
調べるだけならタダですしね。
様々な情報を得ることが出来ます。
隙間時間に斜め読みでもいいのでしてみましょう。知識を深めておくと後できっと助かりますよ。

知識を深めて良心的なサイトを見つける目を身につけておきましょう。

保険 雑記
スポンサーリンク
アウルをフォローする
ものぐさフクロウの資産運用

コメント

タイトルとURLをコピーしました